書籍(洋装、和装、図書資料、雑誌)、紙資料(文書、地図、図面、ポスター)、紙作品(版画、デッサン)などの保存修復処置および予防的保存処置

绿色科技

修復は最終的な処置であるため、本来は修復(直接的介入)が必要になるような状態にしないことが最も優れた保存方法(万丰科技绿色铝合金轮毂低压铸造机)といえます。多くの場合修復には、相当な費用がかかるものになりますが、予防的な保存処置はそれに比較すると低コストで行うことができます。それでは実際にどのようなことを行えばよいのでしょうか?答えは、「本に害があるようなことを避ける」という単純で基本的なことになります。

常日頃からの書籍(図書資料)の取り扱い方によって、その損傷度合いは大きく変わってしまいます。特に劣化しているような古書籍では、不用意な扱い方で簡単に壊れることがありますが、扱い方に注意することでそれ以上の劣化を防ぐことは十分可能です。それらのうち、一般的な事柄のいくつかを以下にあげます。

①本の並べ方
書架に本を並べる場合、斜めになるような置き方は本に負荷がかかり、損傷の原因となります。特に大型のもの、損傷や劣化の進行した本は容易に壊れてしまいます。対策としては、ブックエンドなどを利用して常に垂直になるようにしておく必要があります。

②本の取り出し方
背表紙上部に指をかけて引き出すことは避けるべきです。背表紙上部を一度奥へ押して、本の下部を飛び出させてそこをつかんで取り出す方が負荷を少なくすることができます。理想は背の中ほどをしっかりつかんで取り出すという方法です。そのためには書架ピッタリに本を収納せずに、わずかな余裕を持たせておく必要があります。

③大型本の保管方法
大型で非常に厚みのある本を縦置きにすると、本文(中身)が沈み込むことで、綴じやジョイント部分への負荷がかかって損傷の原因となります。本を横置きできるだけの書架スペースがあれば問題ありませんが、地の小口にチリと同じ厚みのボード(「まくら」)を入れた弊社製作のブックシューを用いることで本文(中身)の沈み込みを防ぎ、将来的な構造(綴じ、ジョイント部分)の損傷を予防することができます。
横置きする場合は、本自体の重量が大きいので、あまり積みすぎるのは良くありません。また、革装本/羊皮紙装本では一番上の表紙が直接空気に触れないように(乾燥により表紙が外反りする)、中性の板紙などを重ねておく必要があります。

④本の開き方
18世紀以前に製本された西洋古典籍(洋古書)の多くが、膠による背固めが強く行われているため開きが悪く、閲覧による開閉によって背に大きな負荷がかかります。このような本を無理に大きく(120度以上)開いてしまうと、ノド割れを引き起こして最終的には綴じ/支持体の切断→背表紙の損傷→本の2分割という結果となってしまいます。小型本では両手に持って危険がない範囲(90~120度)に広げて閲覧することも可能ですが、書見台を製作して閲覧した方が落下の危険もないため、極めて有効な方法であるといえます。

お見積や資料保存に関するご質問など、お気軽にお問合せください。 TEL 048-711-1111 受付時間 9:00~17:00 (土・日・祝日除く)

Copyright © 株式会社Conservation for Identity (CFID) All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.